女性

膣のゆるみの原因は筋力の衰えによるもの|婦人科で相談できます

セルフチェックで病気予防

微笑んでいる女性

膣のゆるみは自分ではなかなか気付くことができません。パートナーにいわれて初めて気づいたという人も多いでしょう。膣のゆるみを経験の多さだという人もなかにはいますが、それは直接的な原因ではないのです。膣がゆるむ主な原因は筋力の低下によるもので、出産や加齢、肥満などいろいろなきっかけがあるのです。膣のゆるみを指摘されて気になったという人は自分で確かめてみるといいでしょう。セルフチェックの仕方をきちんと紹介しているというサイトもいくつかあるので参考にしてみるといいでしょう。ただし、どのサイトでもセルフチェックのとき注意することが書かれています。それが、手や爪を清潔にしてから丁寧に行なうということです。デリケートな部分なので、手や爪に付いた細菌が入ってしまうとかぶれたり痒くなったりしてしまいます。大きな病気を避けるためにも、清潔にしてからセルフチェックをするようにしましょう。このセルフチェックであまり収縮が解らなかったという人は、膣がゆるんでいる可能性があるので医師に相談するといいでしょう。あまりゆるみを気にしていないという人もいますが、実は膣のゆるみは子宮脱という病気に発展してしまう危険性があるのです。子宮脱というのは子宮が下がって膣の壁が外へ飛び出してしまう病気です。これは骨盤底筋群という子宮を支えている筋肉の衰えによるものです。また、子宮が下がることで近くにある膀胱や直腸にも影響を与え排泄に障害が出ることもあります。